エコパンってなに?



 

 お客様のためにつくりすぎてしまった「まだおいしく食べられる」余剰パンを、
全国のパン好きの方に届けることによって「エコ」を実現するパンのこと。

 パンは、フードロス問題の中でも、とくに深刻といわれる食品のひとつで、連日大量の
“まだ食べられるパン”が、全国で廃棄されています。
注文を受けてから作る通常の飲食店と違い、お店の売上を確保するため、
あえて見込みより多めの商品を店頭に並べ続けておく必要があります。

 

仕組み的に「売り切る」ことが難しい業態なんです。


 売れ残ったパンは捨ててしまえばただの「廃棄パン」。
でも、まだおいしく食べられる廃棄パンは、求めている人に届けば「エコパン」へと変わります。
エコパンは上手に解凍すれば、作りたてと変わらないほど美味しく食べられます。
おいしいエコパンを食べて、あなたも「フードロス削減」に協力してみませんか。

 

新規会員登録は「こちら」から

ページ先頭へ戻る
読み込み中です